雨男店長のつれづれ日記
「雨男」の異名を持つ店長が日々の「つれづれ」な出来事を書きつづった日記形式のコラムです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
再び・・・嫁入り
グースエンジンへの載せ替えで「お里帰り」していた灰色DRですが現オーナーさんのお出迎えで再び嫁入りしていきました・・・。(嫁に出す父親の心境!?・・・って経験有りませんが・・・でもちょこっとおセンチな気分・・・?)
と言う訳で「DR250Sグースエンジン搭載計画」は今回で最終回で~す。
なお、今後も記録的な意味も込めて未掲載の作業中の写真貼付、及び文面の加筆等を行っていくつもりであります。

ちなみに帰りは灰色DRの現オーナーさんを伴って2台のDRで「ラーメン房やぶれかぶれ」につけ麺を食べに行った事は言うまでもありません・・・。しかし現オーナーさんの大食漢にはびっくりです!ワタクシはつけ麺大盛りを食べてそれでも満腹状態だったにも関わらず大盛りの倍(!!)の量を誇る「爆もり」をたいらげてしまっておりました!(流石にかなり満腹だったみたいですが・・・)
「また遊びに来て下さいね~!ついでにラーメン食べに行きましょう♪」
スポンサーサイト
DR250SE改 試走行完了!
ここの所は天候が思わしく無くてなかなか試走行の出来なかったDR250SE改でしたが昨晩ようやく試走行をやっちゃいました!
感想としては「普通に乗れるミドルクラスオートバイが出来た!」って所でしょうか。
確かにノーマルのDR250Sとは比べ物にならないトルク感は有りますが(特にマフラーが350レーサーの抜けの良い物になっている為に聴覚的な感覚も別格です!)キャブレターが250の負圧式キャブレター(BST33)をリセッティングした物なだけにスルスルと上がっていく回転数にストレスこそ感じませんがスロットル操作に対しての反応は強制開閉キャブ(TM33)搭載の350レーサーには叶わないかな?(それから車体の重さも手伝って)って感じです。とは言ってもグースエンジンの搭載を否定している訳では有りませんよ!調べてみれば一般輸出用のストリートモデルDR350Sは今回のDR250SE改と同じキャブレター(BST33)を搭載している訳ですし(実際キャブレターのセッティングを出すのにデーターを参考にしました)そのストリートモデルの中には同じくセル&バッテリー(ちなみにDR350Sはセル無しでもバッテリーを搭載してます・・・)を搭載したDR350SEと言うモデルも存在します。ちなみにDR350SEの乾燥重量は130kgも有りますので乗り味は今回のDR250SE改とさして変わり無いんじゃ無いのかな~(乗った事は無いのですが・・・)って思いますね。
結論を言うとDR250Sにグースのエンジンを載せる事は手軽に350のストリートモデルDR350SEのレプリカを作る方法としては一番安心出来る方法かと思います(何よりも純正部品オンリーで出来るボアアップですので耐久性や使い勝手はピカイチでしょうね!)。但しスポーティーさを求める人にはセル無しDR250Sをベースに350レーサーのエンジンを見つけて載せるか350レーサーのエンジン部品を使って改造するか(250と350ではクランクも違うので腰下もバラさなくてはなりません・・・大変です・・・。)スリーブ圧入によるボアアップ(使い勝手はどうかしら・・・?)って所じゃないでしょうか・・・。
なぁ~んて知ったかぶって書いてますがあくまでもサンデーメカニック的な考察を書いただけですので右から左程度に聞き流して下さいね♪(ってまた長文になっても~た!)

と言う事で次回「グースエンジン搭載計画」最終回に続く・・・(オイオイ、まだ続くんかい?)
タイヤ交換
いよいよ佳境です・・・。
本日は昨日の作業の続きとしてリアタイヤの交換作業を行いました。
06010004.jpg
今回用意した銘柄は既存のタイヤと同じものと言う事でダンロップD603 120/80-18と言う事でオフ寄りのオーソドックスなタイヤです。
でもって最新の車両全景。
06020001.jpg
大きな作業は一応これにて終了、試走を行ってみて細部を煮詰めてみて完成の運びになりそうです。ちなみにリアキャリアはパニアケース搭載を考慮して当方所有のグリーンサム製スチールリアキャリア(だったと思う・・・)を再塗装の上で交換しました。
ちゅー事で「DR250Sグースエンジン搭載計画」も次回で最終回かっ!?(何事も無ければ・・・)
スプロケット&チェーン交換
オーナーさんからのGOサインを頂戴したので晴れてファイナルの小径化&チェーン交換を行いました。
と言う事で今回の材料はこちら・・・。
05310003.jpg
上のホイールに組み込んでいるのは既存のDR250S純正指定の49T、下に置いてあるのがジェベル250(XCではありませんよ、SJ44AベースのDR250SEPの方です!)指定の42Tの両スプロケット。こんだけ小径化すればギア比の低いグースエンジンでも十分に対応出来ると思います。ちなみにDR250SHEとグース350では1速(DR250SHE:2.416、GOOS350:2.500)以外の2速~6速まで同じギア比!(*ジェベル250のギア比は資料が無くて分かりませんでしたが多分DR250SHEと同じくらいでは・・・?ちなみにDR250SHEのファイナルは44Tだそうです。)ある意味これくらいのファイナルが適正なんですね~。
でもってこんだけ小径化すればオフロードバイクとして問題になってくるのがチェーンガイド、こちらもジェベル250のチェーンガイドを流用します。
05310004.jpg
写真右側がジェベル250用、小径化に対応するように高さが小さめになってます。ちなみにスプロケットもチェーンガイドも中古品ですがまだ使用可能で~す。(全ては経費削減の為!って何でこんな部品がウチには色々有るんでしょう・・・?)
そいでもって本日の作業終了写真です・・・。
06010001.jpg
当然チェーンも交換致しました。タイヤ交換までこぎ着けたかったんですがそちらは明日に持ち越しです。
そうそう、もう一箇所、
06010003.jpg
ブチ殺してあったサイドスタンドスイッチのステー部分をサンダーで切断してしまいました。まぁ~軽量化へのはかない挑戦とお考えくださいな・・・。(寺崎勉さん流の思考からです・・・。)ちなみにチェンジペダルは絶妙なアールの逃げで幅広ジェネレーターケースに対応しております!(自画自賛♪)
キャブセッティングその2
え~、昨日は取りあえずのキャブセッティングを行いましたが家まで帰る際に試運転と洒落込んでみました。確かに中速域・高速域はスムーズに回るようになりバックファイヤーも概ね解消されましたが低速域がまだまだもたつきますね。(ちょうど低速域から中速域に変わる所で補助ロケットに点火したみたい・・・いわゆる段付き加速状態・・・)と言う事で今朝方お店を開ける前にキャブを外してパイロットスクリューをもう少し開けてスローを濃くしてみました(DR-Sはキャブを外さなくても出来る作業ですがDRセル付きはセルモーターが有るんで・・・)。昨日よりも半回転多く開けてあげて(結局の所戻し量は約2回転半と8分の1です)ご町内を試走行してみました。
結果は低速でのギクシャク感もあらかた無くなりフツ~に高速まで吹けるようになりました。キャブのセッティングはもう少し煮詰めて概ねこれで完了かな?って感じです。
05270001.jpg
写真は試走行の後に撮ったDR250SE改です。あとはスプロケットの小径化とチェーンの交換、それからリアタイヤの交換とリアキャリアの装着って所でしょうか。あっ!ちなみにシートはファクトリーエフェクトさんの黒の表皮の物と交換しました。グレーのDRに黒いシートで案外渋いでしょ♪
追伸:色々と倉庫の中をあさってみたら旧ジェベル250(DR250SEP)のリアスプロケットを発見しました♪サイズは42Tと今現在装着している49Tと比べて7Tも小径化が出来ちゃいます!中古ですがまだまだ使えそう!(経費節約で~す♪)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。