雨男店長のつれづれ日記
「雨男」の異名を持つ店長が日々の「つれづれ」な出来事を書きつづった日記形式のコラムです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
つかの間の良い天気・・・
今朝方はすご~い雨でしたね、おかげさまで朝からズボンがずぶ濡れです(雨がっぱの足の部分がエキパイの熱で穴あき状態だったもんで・・・)。と思ったら昼からは日差しも見えてきて・・・トランライダー2号さんのトランザルプのフォーク・オイルの交換作業にようやく取りかかる事が出来ました。
ところでトランライダー2号ってネーミングはど~考えても仮面ライダーのパクリですよね、でもって仮面ライダー(初代)って言うとワタクシぐらいの世代にとっては永遠のヒーローな訳なんですが(今どきの仮面ライダーはよ~分からん・・・)今朝の新聞を見たら初代仮面ライダーのリメイク映画が秋頃に公開されるんですって!でもってネットで調べてみました・・・↓
        http://www.maskedrider1st.jp/
「カッチョイ~!」・・・けど洗練されすぎてる様な気もしますが・・・。

*オマケ
06300004.jpg

出た~!妖怪!!
って訳では無くてトランライダー2号さんのトランザルプに付いていたフォークブーツの残がいで遊んでみました・・・。
スポンサーサイト
梅雨らしい梅雨・・・
ひところは「今年の梅雨は空梅雨?・・・」なぁ~んてニュースが流れたりしていましたが、ここ数日は雨降りばかりです・・・(特に日本海側の地方では大変な大雨になっているようで・・・被災された方々にはお見舞い申し上げます。)そんな訳で作業スペースが限られているウチ的には・・・ど~しようも無い状況が続いてます(トランライダー2号さん、もうちょこっと待って下さいね~!明日こそは片づけちゃいますんで♪)
そんなこんなで今日は溜まりに溜まった事務仕事を片づけてしまった訳ですが・・・おもての空模様と相まって気分がドンヨ~リとしてきます・・・。こんな時は思いっきり走り回ったら気持ちいいんでしょうが・・・「雨のバッカヤロ~ッ!」(雨男の虚しい叫びデス・・・)
今度は・・・うひひ・・・。
バイク用品屋さん(あくまでも用品屋さんです!)を始めてから色んな縁が出来まして・・・それはヒトの縁も有り、オートバイの縁も有りでして・・・。今回もヒトの縁から新しいオートバイとの縁が出来ました♪
下の写真のXLR250Baja(MD22)通称「なんちゃってファラオ」なんですが某A○J誌をご覧になっている方なら見た事の有るマシンだと思います。実はこのA○Jの高○さんがこの度愛車をこの「なんちゃってファラオ」からウチで預かっているXT600にスイッチするそうで・・・でもってこの「なんちゃってファラオ」をワタクシが頂戴する事になりました!(これでタ○で貰ったバイクは3台目!・・・おっとDRは5千円でした・・・)今現在はちょこっとエンジンからの異音が有ったりオイル漏れも有ったり・・・と直す所は色々有りますがノンビリと手をかけてあげたいと思ってます。ちなみにワタクシ的にはXLRと言えば陸自の偵察バイク・・・いっその事リアディスク型の「なんちゃって陸自偵察バイク」でも造ってみましょうか・・・って高○さん、怒るかなぁ~・・・。
10220005.jpg

う~んビックリする様な大きさのファラオタンクが大迫力です・・・。
防災訓練仕様?
今日は防災訓練の打合せ会議に出席してきたんですがついでに5千円DRも防災訓練仕様にしてみました。
06250001.jpg
この赤箱(郵政仕様の物と同型です)の中には車両用消火器やらザイルやら(今の季節は雨カッパも入ってますが・・・)本当は更に破壊用バールやら手斧なんかも装着出来るようになってます(流石に平時からこんな物を携行してたら捕まりますが・・・)。実際問題として車高の高いオフロードバイクにこんな箱を付けると重心位置が極端に上がって操縦しずらくなっちゃうんですがそれを差し引いても余りある利便性が手に入ります(友人のなおさんもシェルパに同型の箱を付けてお仕事に活用してます)。この先特に必要が無ければこの状態が5千円DRの標準仕様になります。
明日は・・・
突然ですが明日6月24日(金)は八都県市防災訓練打合せ会議出席の為に「風魔習志野」はお休みになります。(ご了承下さい)
ちなみに会議終了後は諸々の用件を済ます為に久しぶりに東京に行ってこようかと思ってます。まさしく久しぶりの上京って言葉が適当なくらいに最近は東京から縁遠くなってます・・・今浦島状態・・・。
DRの想いで・・・(3号機・いじくりまくり編)
昨日の続きでDR3号機の想いでを・・・。
実は深夜のエンジンロックの原因はオーバーブローだったんですがタクシーで帰宅した時点では何が起きたんだか訳の分からない状態でして、おまけに翌日、翌々日も仕事が立て込んでいてどうにも時間が取れない事は目に見えてました。取りあえずはトラブル発生の翌日に鬼高SAの売店に電話をして近々に回収に行く旨を伝え黙々と仕事をこなす事としましたがDRの事が気になって・・・そこで意を決していつものように深夜まで仕事をしタイムカードを押した後に会社のハイエースを借用して鬼高SAにてDRをピックアップ、家まで搬送すると言う作戦に出ました。結局2日ほど放置していたのですがエンジンのロックしたオフロードバイクなぞ誰も気にかけてなかったんでしょうね~、無事にDR3号機は帰宅を果たす事が出来ました。でもってエンジンの状態ですがロッカーアームは物の見事に削られまくりバルブヘッドはピストンとぶつかってへし折られ・・・ここからDR3号機のいじくられまくりの人生(?)が始まる訳なんです。まずは第1段階として1号機に搭載していた350(改)エンジンとこれまた1号機のハーネスを丸々移植してセル無しDR350S仕様にしてしまいました(キャブはBST33のまま)。この状態で3年ほど過ごした後にひょんな事からDR4号機(DR250SH:これに関しては次回4号機・保護活動編にて)を手に入れる訳なんですが、このままでは4号機とキャラがかぶる(セル無しと言う共通点・・・)とでも思ったんでしょうね(過去の事なんで既に人ごとです・・・)、オークションでGETしたグース350のエンジンを載せる事にしちゃいました。目指すは最強のツーリングバイク!・・・ですがこのエンジンとの付き合いは長くは続きませんでしたね、特に大きな不満は無かったんですが・・・何よりも重たくなった!って言うのと付けようと思っていたキックスターターが付けられなかったって事でしょうか、結局グースエンジンを載せた期間は1年と持ちませんで格安で見つけた(3千円!)セル付き250エンジンに再び載せ替えられて(ここで晴れてセル・キック併用DRの完成です!)・・・しかし別れの時は突然に訪れるもんでして・・・金欠からオークションに出品されて現在のオーナーさんの元に渡ってしまった・・・って訳です。(でも再びグースエンジンへの載せ替えの為にこの間までお里帰りしていた訳なんですが・・・)
いやぁ~、エンジンの載せ替え回数は4回も!・・・なんだかんだで1番思いで深いDRでしたね(当時付き合っていた彼女とタンデムでちょこちょこ出かけていたのもこの3号機でした・・・泣)
これからも今のオーナーさんと楽しい思い出を作っておくれよ~!
10210006.jpg

DR2号機(DR350:奥)とのツーショット。ホント、思いで深い車両でした・・・。
DRの想いで・・・(3号機・波乱万丈編)
今日は3号機の想いでを・・・。
実はこの3号機を導入までは実働車は2号機(DR350)だけの状態でして(原チャリとかは持ってましたが・・・ちなみに1号機は事実上引退状態・・・)ちょうどNox・PM関連の問題で車も手放さざるおえない状況(Jeepに乗ってました・・・)だった事もあって半ばやけくそ気味に「もう一台予備で欲しいなぁ~」(今考えれば贅沢な話しですよ・・・)って思考に至った訳で・・・でもってそんな時に当時勤めていた会社のそばの中古屋さんに格安のDR250SHE(車高調整・セル付き)があったんですね~!(しかも一時渋くてカッチョいいなぁ~と思っていた灰色のDRです・・・)。その後は会社の帰りにその中古屋に寄って現車確認、価格の割には思いの外良さそうな状態だったので購入しちゃった訳なんです。(ちなみにJeepの代わりに中古のジムニーも購入・・・う~ん羽振りの良い事・・・)
納車後にこのDR250SHE(車高調整・セル付き)に乗ってみて感じたのは今までのDRが2台ともバッテリーレスの軽量車両だった事もあって「重てぇ~車両だなぁ~!」って言う第一印象でしたね。そこで決めました、「コイツは普通に乗れる普通の通勤バイクにしよう!」って。でもって早速改造です!(オイオイ、普通のバイクにするんじゃ無かったっけ?)もうこの当時必要性を感じていなかった車高調整機能を外す意味もあってDR1号機に付いていた350用サスペンションを前後共に移植(当然三つ又ごと)、その後は本来の通勤バイク(?)としての任務を順調にこなしていたDR3号機なんですが・・・ワタクシの当時勤めていたアエ○スって会社はホント~に忙しい会社でして(今でもそうらしいのですが・・・)毎日が午前様状態・・・。そんなある日の午前2時頃、ワタクシひとときの睡眠を取るべく猛烈なスピード(違法行為はしていない・・・つもりです。)で帰宅の途についていたんですね~。でもって京葉口から京葉道路に入ってスロットルを更にグイッと開けたその刹那、「ガツン!」(みたいな・・・)と言う音と共にエンジンロック!思わずクラッチを握ってそのまま惰性で鬼高のサービスエリアに滑り込んだわけです。その後はセルを回してもガリガリ言うだけでウンともスンとも言いいません・・・。途方に暮れたワタクシがDR3号機を食堂脇のスペースに放棄して鬼高SAからタクシーに乗り込んだ事は言うまでもありません・・・。
タクシーの車窓から見える月がどこまでも丸かった、そんな深夜の出来事でした・・・。
この続きは「3号機・いじくりまくり編」に続くっ!!
「梅号」また入院・・・
ウチの軽トラ「梅号」が・・・またまたやってくれました・・・。今朝方物品調達の為に隣り町のホームセンターに買い出しに出かけたんですがその帰り道にまたまた水温計が異常上昇を始めました・・・まるでTBI支援作戦の時と同じ状態・・・。取りあえず信号待ちで助手席を持ち上げてエンジンルームを開けてみると「あっち~っ!・・・またサーモスタットかぁ?」って事で何とか風魔まで戻ってきました。案の定ラジエターを触ってみると全く熱くなってません。「う~ん、コイツは肝心な時に壊れてくれるなぁ~・・・」と言うのも明日の夜に群馬県の方まで梅号で出かけるかもしれなかったんですね~・・・。「んっ?待てよ・・・、考えてみれば明日出先でブチ壊れるよりも前にブチ壊れてくれたんだよな~(実際出先で壊れていたら洒落になりません・・・)、そう言えばTBIの時も高速に乗る前にブチ壊れてくれたんだし・・・」こうなってくるとウチの梅号には何か得体の知れない守護神みたいなのが取り憑いてんのかも知れませんね♪(相変わらずむやみやたらと前向きな考えなワタクシだ事・・・。)

追記:その後にスズキのサービスの方から電話がありました。何でも冷却ホースのジョイント部が破損して冷却水が回らなくなっていたみたいです。明日の昼には直るみたいで一安心です。
続・旗
この間のblgでも書きましたが日の丸の旗を買お~っかなぁ~と思って街に出てみました・・・。ところが・・・売ってない・・・何処にも・・・(泣き)。別にワタクシ、思想的な物は持ってはいないのですが・・・それにしても嘆かわしい・・・。
今度は「戦争のはらわた」
昨晩は「山猫は眠らない」でしたが今晩はサムペキンパー監督、ジェームスコバーン主演の作品で「戦争のはらわた」を観ちゃいました。
これまた凄い邦題ですよね・・・(まるで猟奇映画みたい・・・)。原題は「Cross off Iron(鉄十字)」なんですが泥沼の西部戦線(独ソ戦)で繰り広げられる殺戮と支配欲、名誉欲が絡み合うこの作品の内容からすると的を得た邦題だと思います。何よりもこの作品の凄い所はドイツ軍の立場から見た珍しい戦争映画である事とマカロニウエスタンばりのスローモーションを多用した迫力の映像美(特に最後のほうの舞い散る空薬莢の映像は鳥肌モノです)、そして何よりもジェームスコバーン演じる歴戦の古参下士官スタイナー軍曹の格好良い事っ!ワタクシが煙草を吸いだしたきっかけにもなったのがこの映画です!(直接この作品の中でジェームスコバーンが煙草を吸うシーンは有りません・・・ジェームスコバーン=スピーク・ラークって図式です・・・単純)。あっ!それから流れるBGMも良いですね♪何処かで聞いた事の有る童謡が上手にアレンジされていてラストロールの時には思わず口ずさんでしまいます。
何はともあれ絶対オススメ★★★★★の作品ですっ!(好き嫌いは有るでしょうが・・・)
山猫は眠らない・・・でも私は眠いzzz
この間ネットで「山猫は眠らない3」なる映画が単館ロードショーをやっていると言う記述を見つけちゃいました。「いや~、パート3をやるんだぁ~、って言うかパート2もあったの?」って事で昨晩久しぶりにパート1のビデオを観てみました。
この作品、原題は「SNIPER」でして(何で「山猫は眠らない」なんだろう?でもこの邦題を考えた人は知恵を絞ったんだろうな~)トム・べレンジャー演じる海兵隊の敏腕スナイパー ベケット上級曹長が南米パナマで麻薬カルテルの首領狙撃の任務を様々な困難を乗り越えて遂行すると言うかなりシンプルなストーリーなんだけどあくまでもストイックな男臭い演出と濃厚な緑に覆われたジャングルと狙撃シーンの素晴らしい映像に見終わった後は引き込まれましたね~。(思わずモデルガンをベケット曹長のマネをして肘抱えで構えてしまいました・・・)
是非ともパート2,パート3を観てみたいなぁ~(多分ビデオで・・・)
DRの想い出・・・(2号機・バブリー期編)
取り立ててネタが無いので・・・DRの通算2号機である我が家の最新鋭機96'DR350の想いで話しを・・・。
前回取り上げたDR1号機の走行距離が70.000kmを越えた辺りから次ぎの車種選定を行っていたのですが・・・どうにもDRが気に入っちゃったみたいで・・・と言うか「次はDR350だぁ~!」って決めてましたね♪でもって折良くこの年(1997年)の前年モデルの売れ残りの新車が東京のyoyoさんに有ると言う事をBACK-OFF誌の広告で見つけて早々に現車確認、しかもハンコと住民票を片手に持って!(おやおや・・・)ちゅ~事で即購入しちゃったんです!(う~ん、羽振りの良い事!・・・思えばこれが現状では最後の新車購入でした・・・)
さてさてこの96'DR350、オートデコンプ装備の上にパワーよりもトルクに振った出力特性のおかげもあって乗りやすいの何のって!・・・強いて問題点を挙げるとすればシートが高くて(確か920mm)・・・納車の時にyoyoから船橋の自宅まで帰る道すがらは「交差点のバレリーナ」状態でドキドキしっぱなしだった事を憶えてます。(以前は足つき重視でDR250SHを購入していた癖にDR350に乗ってしまうとは・・・慣れると言う事は凄い事ですよね~♪)とは言っても流石にこのシート高では使い勝手が悪いので早々にDR250(1号機)のシートと付け替えちゃいました。(なお、1号機のシートは表皮が破れたり色々有ったのでこの時点ではそれまでのSHのシートから1cm程高めのSのシートに交換してました)この段階で主力機の座は1号機(250SH改)から2号機(350)に代替わりをした訳です。
ちなみにこの2号機でも色々な所に行きました。BACK-OFFの「ここどこ」にはまっていたのもコイツを購入した頃でしたし北海道にも2回、四国にも行きました。もちろん毎日の通勤にも・・・。何だかんだでこの2号機は今でも一番のお気に入りですね。(コイツをドナドナする事は多分無いでしょうね♪お釈迦になるまで見届けるつもりです・・・)
09010004.jpg

写真は防災訓練での一コマ。マルチに頑張ってくれてます♪
DRの思い出・・・(1号機・草創期編)
何んだかんだと言ってワタクシは二輪免許取得時に乗っていたセロー(セル付きの一番最初のヤツ)時代を除いては常にスズキDR-S系と過ごしていた様に思います(確かにチョロチョロとは妾を囲ってはいましたが・・・)。
思い起こせば1990年にバイク初心者のワタクシがセローで行った初めての北海道ツーリングにて事故に遭い修理に預けたバイク屋にて「カッチョイ~ぃバイクだなぁ~!(?)」と思ったのがDRとの出会いでした。しかし当時若葉マークライダーのワタクシにとってDR250Sのシートの高さは縁遠いマシン以外の何者でもありません。そんなこんなでDRへの想いを密かに胸に秘めていたワタクシの前に忽然と現れ出でたのが今となっては伝説のオートバイ(?)の感の有る車高が上がり下がりする魔法のバイクDR250SHだったのです!折から91'モデルからSHもそれまでの黄色一色(正直これには抵抗が有りました・・・)から一般モデルと同色のタイプが出ると言う話しを聞いた時点で迷いは吹っ切れました!セローを会社の友達に売り渡して晴れて白・青の91'DR250SHを新車にて購入、DR・ライダーの仲間入りをした訳で有りますっ!
いやぁ~、このDR1号機には沢山の思い出が有りましたねぇ~・・・。毎日の通勤から色々な所へのツーリング、車両に慣れた頃にはサスペンション前後をDR350の物へと換装したりエンジンを350化したり・・・(これらのサス・エンジンは後々3号機へと移植されちゃったりする訳ですが・・・)。そ~言へばパジェロとぶつかった事も有りましたっけ・・・(DRは無事に自走出来ました、頑丈~!私は額を切ったり歯が折れたりでしたが・・・)。ともかくワタクシのDR歴・・・もといっ!オートバイ歴の礎はこのDR250SHが造ってくれたと言っても過言では有りません!(う~ん、大袈裟・・・)
そんなDR1号機ですが今では部品取りの挙げ句にフレームの状態でわが家の片隅に眠っております・・・。(非しっ!)         

2号機・バブリー期編に続くっ!!(ってこれシリーズ化!?)
dr250sh.jpg

写真は1号機購入後間もない頃に会津にツーリングに行った際の物
早朝の檜原湖湖畔にて
排気漏れ・・・
いやぁ~、危うい所でした・・・。
と言うのもここの所DR350のメカノイズがやけに大きくなったなぁ~って思ってたんですよ、しかもエキパイを交換してから・・・。でもって今日ふとDR350のエンジンを見てみると・・・シリンダーの冷却フィンの隙間から黒い煤が・・・、「う~ん、シリンダーエキゾーストのガスケットがへたって排気漏れを起こしていたんですね~。」と納得して早速に分解、ここで衝撃の事実がっ!?(ちと大袈裟・・・)確かにガスケットはへたって新品状態よりも1mm程も細くなっていたんですが更にはエキパイとシリンダーブロックとを固定するヘキサゴンボルトのネジ山が一部欠けていて完全に固定する所まで行けずにトルクが掛かって止まってました・・・(要するに中途半端に止まっていたので隙間が出来ていたんです)。しかもシリンダーブロックの雌ねじの一部を削り取って!いやぁ~、ホントに危うい所でした・・・もう少しでシリンダーブロックの雌ねじを潰してしまう所でした・・・。
って事で今日の教訓!
「中古のネジにはご用心!」たかがネジ1個でもシリンダーブロックをお釈迦にしてしまう事も有り得るって事ですよ・・・。
「おお~怖っ!」
真の旗
いやぁ~、サッカーワールドカップ予選の対北朝鮮戦、盛り上がってたみたいですね~!正直ワタクシは夜のニュースを見るまですっかり忘れておりました・・・。
それにしてもこんな時でないと注目されないのが「日の丸」の旗ですよね~、確かに自分の身の回りを見渡してみてもあまり有りませんよね、「日の丸」って(せいぜい零戦の模型に付いてるヤツくらい・・・)。
そうそう、この間YUZOさんから聞いた話しなんですがベイジン・ウランバートル・ラリーに出るにあたってヘルメットと車両に貼り付ける国旗(日の丸)のシールを探して居たところ、どうやらバイク+日の丸の組み合わせって=「暴走族!」なんですって!!(一般の人から見れば・・・)う~ん、バイクと日の丸って同じように間違ったイメージで見られがちなんですね~・・・。
って事でワタクシは見直して見ようかと思っております、「日の丸」に対してのイメージを!さしあたってこれからは祝日には「日の丸」の旗でも揚げてみますか・・・。(間違って「新撰組」の旗を揚げちゃったりして・・・)

追記:「新撰組」の誠の旗と言うと去年の大河ドラマでオダギリジョー演じる斉藤一が誠の旗を振りかざして言った「この旗がオレを拾ってくれた!オレは何が有ってもこの旗を守るっ!!(だったかな・・・?)」と言うセリフが忘れられませんね(と言うか思い出すたびに泣けてきます・・・)。魅力的な旗と言う物には人の心を結びつける何かが有るんだな~って思いますね。(少なくとも斉藤一の言った言葉の意味、何となく分かるんだなぁ~、ワタクシにとっても気持ち的に誠の旗は真の旗だと思います・・・。)
再び・・・嫁入り
グースエンジンへの載せ替えで「お里帰り」していた灰色DRですが現オーナーさんのお出迎えで再び嫁入りしていきました・・・。(嫁に出す父親の心境!?・・・って経験有りませんが・・・でもちょこっとおセンチな気分・・・?)
と言う訳で「DR250Sグースエンジン搭載計画」は今回で最終回で~す。
なお、今後も記録的な意味も込めて未掲載の作業中の写真貼付、及び文面の加筆等を行っていくつもりであります。

ちなみに帰りは灰色DRの現オーナーさんを伴って2台のDRで「ラーメン房やぶれかぶれ」につけ麺を食べに行った事は言うまでもありません・・・。しかし現オーナーさんの大食漢にはびっくりです!ワタクシはつけ麺大盛りを食べてそれでも満腹状態だったにも関わらず大盛りの倍(!!)の量を誇る「爆もり」をたいらげてしまっておりました!(流石にかなり満腹だったみたいですが・・・)
「また遊びに来て下さいね~!ついでにラーメン食べに行きましょう♪」
またまたDRだらけ~!
いやぁ~、「DR、DR!」って言ってみるもんですね~!(ってこのセリフ、昨日も使ったような・・・)何だかDRばかりが集まってくるようになっちゃいました・・・。
06070001.jpg
手前に写っている90'DR250Sはご近所にお住まいのブラックバスさんの車両で今回はチェーン交換と言う事でお預かりしました。よ~く見ると前後サスがDR350の物に交換されているんですが聞いてみるとリアサスはオークションにてGETしたそうです、しかも新品同様状態の物を・・・ワタクシも欲しかったんだよな~・・・って「ん!?待てよ・・・どっかで見たような・・・聞いたような・・・?」そ~なんです、以前DR250S-5000(5千円DRから改称しました・・・格好いいでしょ!?)に付ける350用リアサスをオークションにて探していた時に出ていたんですね~、新品同様リアサスが!・・・でも他の人に高値を付けられてしまって落とせなかったんですが・・・実はその高値を付けて競り落としてしまわれたのが他ならぬブラックバスさんだったんです!「う~ん、こんな狭いエリアで競り合っていたとは・・・」案外ウチの近所ってDR率が高かったりして・・・。
宝の山・・・
いやぁ~、「DR、DR!」って言ってみるもんですね~!元DR乗り(現在はジェベリスト)だったお客さんから宝の山(ワタクシ的には・・・)を安価にてご提供いただきました!
06060001.jpg
「ひょえ~っ!DR用未使用ポリタンク(しかも90'モデル用)が2個も!しかも1個は250レーサー用(初めて見ました・・・)ですとっ!!」
正直「何でこんなの持てたの?」と聞きたくなってしまいましたがワタクシには本当に宝の山ですっ!!ちなみに250用ポリタンクは早速にご成約済み・・・ってさらにこれを欲しがる人がすぐに現れると言う事も珍しい!(失礼しました・・・)
DR250SE改 試走行完了!
ここの所は天候が思わしく無くてなかなか試走行の出来なかったDR250SE改でしたが昨晩ようやく試走行をやっちゃいました!
感想としては「普通に乗れるミドルクラスオートバイが出来た!」って所でしょうか。
確かにノーマルのDR250Sとは比べ物にならないトルク感は有りますが(特にマフラーが350レーサーの抜けの良い物になっている為に聴覚的な感覚も別格です!)キャブレターが250の負圧式キャブレター(BST33)をリセッティングした物なだけにスルスルと上がっていく回転数にストレスこそ感じませんがスロットル操作に対しての反応は強制開閉キャブ(TM33)搭載の350レーサーには叶わないかな?(それから車体の重さも手伝って)って感じです。とは言ってもグースエンジンの搭載を否定している訳では有りませんよ!調べてみれば一般輸出用のストリートモデルDR350Sは今回のDR250SE改と同じキャブレター(BST33)を搭載している訳ですし(実際キャブレターのセッティングを出すのにデーターを参考にしました)そのストリートモデルの中には同じくセル&バッテリー(ちなみにDR350Sはセル無しでもバッテリーを搭載してます・・・)を搭載したDR350SEと言うモデルも存在します。ちなみにDR350SEの乾燥重量は130kgも有りますので乗り味は今回のDR250SE改とさして変わり無いんじゃ無いのかな~(乗った事は無いのですが・・・)って思いますね。
結論を言うとDR250Sにグースのエンジンを載せる事は手軽に350のストリートモデルDR350SEのレプリカを作る方法としては一番安心出来る方法かと思います(何よりも純正部品オンリーで出来るボアアップですので耐久性や使い勝手はピカイチでしょうね!)。但しスポーティーさを求める人にはセル無しDR250Sをベースに350レーサーのエンジンを見つけて載せるか350レーサーのエンジン部品を使って改造するか(250と350ではクランクも違うので腰下もバラさなくてはなりません・・・大変です・・・。)スリーブ圧入によるボアアップ(使い勝手はどうかしら・・・?)って所じゃないでしょうか・・・。
なぁ~んて知ったかぶって書いてますがあくまでもサンデーメカニック的な考察を書いただけですので右から左程度に聞き流して下さいね♪(ってまた長文になっても~た!)

と言う事で次回「グースエンジン搭載計画」最終回に続く・・・(オイオイ、まだ続くんかい?)
RMX250S改
今日は昼過ぎから嵐(穏やかじゃ無いですね~!)の天気予報、ここの所、雨降りの日が多くて・・・梅雨入りも間近って感じですね。
と言うわけで今日はまった~りとRMXのメンテなんてしてあげました。
06050001.jpg

06050003.jpg

06050002.jpg

*すんません、撮影は翌日行いました・・・天気予報の通り大雨だったんで・・・おまけに騒がしいバイクですので日が暮れてからのエンジン始動には気が引けて・・・。

実はこのRMX、混合仕様に改造されているのでキャブレターの中には残留ガソリンを残さないように努めなくてはならないのですが・・・うっかりコックをオフにするのを忘れていたので・・・一応キャブレターをばらしてのメンテをおこなってみました。
しかしここの所セル付きDR350ばかりをいじくっていたのでコイツの軽さ(重量にして約30kgちかく違う!)には改めて驚かされます!(おまけにパワーもけた違いっ!!)
タイヤ交換
いよいよ佳境です・・・。
本日は昨日の作業の続きとしてリアタイヤの交換作業を行いました。
06010004.jpg
今回用意した銘柄は既存のタイヤと同じものと言う事でダンロップD603 120/80-18と言う事でオフ寄りのオーソドックスなタイヤです。
でもって最新の車両全景。
06020001.jpg
大きな作業は一応これにて終了、試走を行ってみて細部を煮詰めてみて完成の運びになりそうです。ちなみにリアキャリアはパニアケース搭載を考慮して当方所有のグリーンサム製スチールリアキャリア(だったと思う・・・)を再塗装の上で交換しました。
ちゅー事で「DR250Sグースエンジン搭載計画」も次回で最終回かっ!?(何事も無ければ・・・)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。