雨男店長のつれづれ日記
「雨男」の異名を持つ店長が日々の「つれづれ」な出来事を書きつづった日記形式のコラムです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
DRの思い出・・・(1号機・草創期編)
何んだかんだと言ってワタクシは二輪免許取得時に乗っていたセロー(セル付きの一番最初のヤツ)時代を除いては常にスズキDR-S系と過ごしていた様に思います(確かにチョロチョロとは妾を囲ってはいましたが・・・)。
思い起こせば1990年にバイク初心者のワタクシがセローで行った初めての北海道ツーリングにて事故に遭い修理に預けたバイク屋にて「カッチョイ~ぃバイクだなぁ~!(?)」と思ったのがDRとの出会いでした。しかし当時若葉マークライダーのワタクシにとってDR250Sのシートの高さは縁遠いマシン以外の何者でもありません。そんなこんなでDRへの想いを密かに胸に秘めていたワタクシの前に忽然と現れ出でたのが今となっては伝説のオートバイ(?)の感の有る車高が上がり下がりする魔法のバイクDR250SHだったのです!折から91'モデルからSHもそれまでの黄色一色(正直これには抵抗が有りました・・・)から一般モデルと同色のタイプが出ると言う話しを聞いた時点で迷いは吹っ切れました!セローを会社の友達に売り渡して晴れて白・青の91'DR250SHを新車にて購入、DR・ライダーの仲間入りをした訳で有りますっ!
いやぁ~、このDR1号機には沢山の思い出が有りましたねぇ~・・・。毎日の通勤から色々な所へのツーリング、車両に慣れた頃にはサスペンション前後をDR350の物へと換装したりエンジンを350化したり・・・(これらのサス・エンジンは後々3号機へと移植されちゃったりする訳ですが・・・)。そ~言へばパジェロとぶつかった事も有りましたっけ・・・(DRは無事に自走出来ました、頑丈~!私は額を切ったり歯が折れたりでしたが・・・)。ともかくワタクシのDR歴・・・もといっ!オートバイ歴の礎はこのDR250SHが造ってくれたと言っても過言では有りません!(う~ん、大袈裟・・・)
そんなDR1号機ですが今では部品取りの挙げ句にフレームの状態でわが家の片隅に眠っております・・・。(非しっ!)         

2号機・バブリー期編に続くっ!!(ってこれシリーズ化!?)
dr250sh.jpg

写真は1号機購入後間もない頃に会津にツーリングに行った際の物
早朝の檜原湖湖畔にて
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。