雨男店長のつれづれ日記
「雨男」の異名を持つ店長が日々の「つれづれ」な出来事を書きつづった日記形式のコラムです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヘッドカバー交換
と言う訳でゴタゴタしていてなかなか作業に掛かれませんでしたガチョウ・エンジンへの載せ替え作業ですがフレームへの載せ替えの前にやらなくてはならない作業としてヘッドカバーの交換作業を行いました。
実はDRとグースとではオイルタンクの場所の違い(DRはフレーム内部をタンクとするいわゆるドライサンプ、グースはエンジン下部に別体タンクを装備)からブリーザーホースの取り回しに違いが有ります。そこで今回はキックスターターは装備しない(と言うか付けようとすると腰下を割らなくてはならない・・・詳細は後日)と言う事でデコンプを装備しないDR250SE(セル付き)用のヘッドカバーに交換する事でヘッドからのブリーザーホースの取り回しを確保します。
05160001.jpg
■写真手前がDR用ヘッドカバーで矢印の部分にホースのジョイント部が存在しております。

ちなみにココでもDRとグースとでは基本的に部品の共用が出来ます。(基本的と言うのはDRでも後期の350になるとオートデコンプの装備に伴いヘッドカバー形状の変更が有った為です・・・)でもってグースのロッカーアームに怪しい削れ等が無いのを確認してDRーSE用のヘッドカバーに丸ごと移植しました。ちなみにバルブクリアランスはサービスマニュアル参照の上でDR350SE(94'DR350SER)の数値(吸気側0,05-0,10、排気側0,17-0,22)に準拠してセッティングしました。
これで次回はフレームへの載せ替えに入ります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。