雨男店長のつれづれ日記
「雨男」の異名を持つ店長が日々の「つれづれ」な出来事を書きつづった日記形式のコラムです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
話題のWR250R♪
遅まきながら・・・今や巷で話題のヤマハの新型トレールマシン「WR250R」に試乗する事が出来ました♪(・・・と言ってもご近所をクルクル廻っただけですけどネ♪)
12140006_20071224172052.jpg

今回乗せてもらったのはまだまだ新車の臭いプンプンの白い外装のヤマハ広報車(ARJの高山さん、いつもお世話になってまぁ~す♪)です。個人的にはヤマハブルーの青外装の車両が「カッコイイなぁ~!」って思っていたけど白外装もなかなかに似合ってマス♪
まず最初に現車を見た感想なんですが「意外とコンパクト♪」って印象でしたネ♪これは多分大柄な「WR250F」に見慣れているせいかも知れませんが・・・でもそのお陰か乗るのに「身構える・・・」って感じは有りませんでしたヨ♪これって市販トレールマシンとしては重要な事かとワタクシなりに思います・・・ハイ♪因みに見た目はホント、最新オフロードマシンの風格たっぷり!自分のDR250Sと比べると・・・時の流れを感じずはいられません・・・(泣き)
で・・・早速に跨ってみると意外と良い足つき性にこれまたビックリ♪・・・カタログ値ではシート高895mmとなってますが・・・跨った印象は自分のDR250S(カタログ値でシート高は880mm)よりもむしろ良い感じでした。これは幅広シートのDR250Sよりも細身で適所にえぐられたシートのお陰だと思います(長距離ツーリングではお尻が痛くなりそう?)。
で・・・これまた早速に試乗デス♪走り出して加速の良さに再びビックリ♪最近の排ガス規制でパワーを絞られたトレールマシンから比べると別格って感じデス♪環境対策に配慮しつつのこのパワフルさにはホントに感心させられました♪因みにワタクシ、インジェクションの車両ってコレが初めてだったんですが2st車のような「ドッカンパワー」でもなく、かと言って既存の4st車のような「モコモコパワー」でも無い・・・丁度その中間的なパワーの出方にはワタクシなりに感心させられました♪(だいたい規制前の4stフルサイズ車よりもちょいと良い・・・って感じかしら?)
で・・・交差点のカーブで車重の重さを感じさせられない軽やかさに三度ビックリ♪確かに静止した状態で腰を使ってシート後端を持ち上げてみると感じた重さ(乾燥重量123kg!)をほとんど感じさせられませんでした!徹底したマスの集中化と車体ディメンションの良さを感じずにはいられませんでした(ワタクシなりに・・・ネ♪)。
と・・・良い事ばかり書きましたが・・・燃料タンク容量がカタログ値で7.6リッターしか入らないんですネ・・・聞いた話しだと満タン200km走行はきついらしいとの事・・・TBIあたりのレギュレーション的には・・・でもってポリタンクあたりで燃料タンクの増量をやろうにも燃料を圧送しなくてはならないインジェクションではポリタンクは不適だし・・・かと言ってアルミタンクは高額だし・・・出来ればビックタンク仕様のバリエーションを追加(例えばWR250レイド・・・とか)なんかしてくれると嬉しいかも知れませんネ~
何はともかくビックリ♪3連発の「WR250R」、トレール・マシンでこんな選択肢が増えた事はホントに喜ばしい事ですヨ♪だって普通に乗れて普通に整備(特に逆車みたいに超頻繁にオイル交換をしないでも済むし♪)も出来る高性能マシンが普通に買える(ちょっと高いけど・・・)んですもんネ♪・・・ワタクシ的にも久々に「欲しぃ~!」って思える一台です♪・・・でも間もなく出ると噂のスズキのニュートレール・マシンもチョー気になりマス♪
12140004_20071224172115.jpg
デジタルメーターもTT-Rやランッアの物から一新!多機能メーターはラリー・レイドでも使えそうデス♪(セロー250あたりだったら流用も出来そう?)
12140003_20071224172135.jpg
前々から気になっていたスプロケットの黒いラバー(?・・・歯の内側のヤツ・・・)なんですが・・・聞くところチェーンのガチャガチャ音に対しての騒音対策らしいです・・・こんな所にも環境対策が求められているんですって!
風魔習志野的注目最新入荷品(H19,12,2)
最近の風魔習志野の入荷商品の中からいくつか注目の品をピックアップ!!
12020001_20071202162535.jpg
↑DRCの新商品「ブレーキセーバー」です♪
ブレーキペダルとオフロードバイクのフレームをこの「ブレーキセーバー」で連結させる事で不意の転倒や岩等とのヒットでブレーキペダルを曲げたり破損させてりする事を防いでくれるすぐれ物デス♪・・・ちなみに最近のEDマシンとかではソレ用の穴がブレーキペダル側面に開けてありますが・・・ちょい古なワタクシのDRなんかは2mmくらいの穴開け加工が必要デス♪
11160003.jpg
↑HWKさんの「WECハンドガード&デフレクター」デス♪
このハンドガードが他のハンドガードとひと味違うのはハンドルバーに取り付けるクランプ部にクラッチワイヤーやブレーキホースとの干渉を防ぐ「逃げ」の部分が設けられている事で今までのハンドガードの取り付けでありがちな「ワイヤーやホースに当たってしまうから・・・仕方が無くこの角度で・・・」といった不本意な角度でのハンドガード取り付けが解消されたと言う所ですネ♪(全てとは言い切れないかも知れませんが・・・ネ)
ちなみにディフレクター正面下部にはラバーが組み合わせてありましてヒット時のショック軽減にも役だっていますヨ♪

それから・・・
11230001.jpg
バックオフさんとお馴染みのフリーペーパー「ARJ」のそれぞれのオリジナルTシャツです。
今回入荷のバックオフTシャツはオレンジのロゴがKTMちっくでとても格好イイですヨ♪ARJTシャツもまだ在庫が有りま~す♪
サンド・ランランツーリング♪(2007,11,25)
さてさて・・・去る11月25日(日)に久々にサンドランに出かけて来ました♪(ちなみに前回のサンドランは今年の3月でした・・・)
赴いた先は・・・○○県の某所・・・としておきますが・・・
今回は参加人数こそ当初の予定よりも大幅に少なく(僅か3名・・・)寂しい感じもしましたが当日の天気は晴れ!(しかも快晴・・・雨男のくせに!?)その上前日までの寒さからうって変わって気温も日中は急上昇!!更にその上マシンも準備万端整って・・・(私的な事ですが・・・)ときたら・・・もちろん思いっきり楽しんで来ましたヨ♪
11250001.jpg
朝の7時・・・こっち方面のツーリングの集合地点はいつもの「道の駅しょうなん」・・・ですが・・・この時点で集合したのはワタクシも含めて2名(いつもツーリングに参加して下さっている栗男さんデス♪)のみ・・・「う~ん、ど~なる事やら・・・」
でも天気はご覧の通り「雲ひとつ無い快晴!!」デス♪
11250002.jpg
途中、利根川河川敷の砂利道を楽しみながら・・・やって来ました・・・某所デス。
ここでスロットさんが一足先に到着してました・・・今回のツーリングの全員が集まりました・・・(寂しっ!)
11250007.jpg
激走の栗男さん・・・
11250008.jpg
同じく激走のスロットさん・・・なんですが・・・デジカメでスピードの出ている被写体を撮るのって難しいですネ・・・タイムラグを見越して撮ったつもりが・・・シャッターを早く押しすぎました・・・
11250011.jpg
こんな感じで延々16kmちかくも走れます・・・♪こりゃ~楽しくない訳が無いですよネ♪
11250010.jpg
「青い空」と「紺い海」と「オートバイ」・・・う~ん。絵になると思いませんか?
11250012.jpg
ココの場所は行って帰っての繰り返しを楽しむって感じなんですが波打ち際は締まった路面、逆に内陸側はフカフカな砂地(YUZOさんいわく「砂漠の砂に比べればまだまだ締まった砂だよ♪」との事デス・・・)、途中途中には四輪駆動車の轍も有り・・・とそれなりに色々なシュチュエーションが楽しめちゃったりします♪

当日はこの場所では私達のようにオートバイで楽しんでいる人も居れば他にも四駆で楽しんでいる人達や空を見上げれば動力付パラグライダーを楽しんでいる人たち、海辺では釣りやサーフィンを楽しんでいる人たち・・・とそれぞれの楽しみ方をエンジョイ出来るパラダイスのような場所なんですが・・・そんな場所だからこそそれぞれの人たちが節度を持って行動してこそのパラダイスなんだと思いますネ~・・・これからも大切にしていかないと・・・ホント・・・♪

ひとしきり楽しんだ後は途中で用事の有るスロットさんとお別れして栗男さんと二人で・・・
11250013.jpg
銚子のお寿司屋さんでお楽しみのセカンドステージ♪
11250014.jpg
財布の中身の事もすっかり忘れて・・・思いっきり楽しんでしまいました・・・♪

ともかく身も心も(ついでにお腹も・・・)満足・満腹な「サンド・ランランツーリング♪」でしたヨ♪

追記:
ここで今回履いていった「ミシュラン・デザート」の感想を・・・
当初は大排気量のラリーマシンや軽量・ハイパワーなエンデューロマシンならいざしらず、アンダーパワーの250ccトレール・マシンでは重量の有る「ミシュラン・デザート」のメリットは体感出来ないのでは・・・と思っていたんですが国内の、しかも海辺の砂地に限った事かもしれませんが充分に楽しむ事が出来ました。特に「ミシュラン・デザート」の浮揚効果みたいなものも時速60kmくらいから体感する事が出来た事には正直驚きました♪(もっとフカフカな砂漠の砂だと時速80kmくらいから体感出来るそうですが・・・)
ミシュラン・デザート最高~ッ!(アスファルトのコーナーでスロットルを乱暴に開けると「ツルッ!」といきますが・・・)
サンドランに向けて♪
え~・・・今度の日曜日は久々の「サンドラン」に行こうかと考えておりまして・・・で、ワタクシのDR250Sもサンドラン仕様にすべく改造作業を行います♪(・・・ってそれ程大仰な改造では無いんですが・・・)
実は前回のサンドランの際はワタクシのDRをお馴染みYUZOさん(元DR使いのサラリーマン・ラリーストでDR350を駆ってラリーレイド・モンゴルや幻のシルクロード・ラリーにも参戦したスンゴ~イヒトなんです♪)に貸していた事もあって・・・ノーマルタイヤ(しかも5分山程度・・・)のセローで出かけたのですが・・・流石にトラクション能力の落ちるトレールタイヤな上に非力なセローでは・・・ワタクシのDRで華麗に激走し「サンドランは楽し~い♪」を連呼するYUZOさんとは裏腹に前に進もうとしないセローに歯がゆさを感じていたもんでした・・・(セローの為に付け加えさせてもらえば多分に「ウデの差」も有るんでしょうが・・・ネ♪)
前置きが長くなりましたが今回の改造はリアタイヤの換装です(それだけです・・・)。
今回用意したのは砂漠では無敵と言われる「ミシュラン・デザート」デス♪
11240003_1.jpg
実はこのタイヤ、YUZOさんが一昨年の「ベイジン・ウランバートル」で使った物をもらい受けて(?)いた中古品なんですが・・・流石に耐久性には定評の有る「ミシュラン・デザート」、ご覧の通りカドは削れてますがまだまだ使えそうな感じデス♪(ちなみにホイールへの組み付けも噂ほど大変で無く意外とすんなり行きました・・・中古だから・・・かな?)
ところでこの「ミシュラン・デザート」ですがサイズが140/80-18と言う極太サイズしか有りません・・・当然DR250Sに付けるとなるとサイドがスイングアームに当たってしまう訳で・・・
11240005.jpg
左側は余裕のクリアランスだったのでそのままですが・・・右側のサイド部をギリギリの範囲で削っております。(当初はカッターで切っていたのですが・・・ラチがあかないのでノコで切りました・・・)
で、換装後はこんな案配・・・
11240004_1.jpg

11240006.jpg

極太なリアタイヤが意外とキマッテます・・・

追記:
ワタクシも大好きで良く使っている「ミシュランT63」ですが実は「ミシュラン・デザート」の廉価版なんですネ♪
11240002_1.jpg
左側2つはT63なんですがリアタイヤだけを見る限り、そのパターンはそっくりです。ちなみにT63には130/80-18なんてサイズも有るので250ccクラスの車両には多分こちらのほうがデザートランには向いているのかも・・・(ミシュラン・デザートは堅いコンパウンドの為に・・・正直重たい・・・デス・・・)
最近の風魔習志野的入荷商品♪
昨日までの暖かさから一変して・・・今日はホント~に・・・寒い・・・デス・・・
と言う事で風魔習志野的な入荷商品をいくつか♪
11160001_20071116194737.jpg
↑ZETAドライブカバーです。
相変わらずZETAのアルミ加工品は仕上げが綺麗です♪
いかにも泥噛みに強そうなデザインはドレスアップにも貢献しそうです。
ちなみにこちらの商品はレーサー用のみのラインナップです・・・。
11160002.jpg
↑同じくZETAのユニフローキャップです。
先端の逆支弁部がこれまた綺麗なアルミ合金製♪
ちなみに本体のホース部はショートスタイルですのでシンプルでカッコ良いデス♪(ただし短くコンパクトですので走行中にタンクキャップから外れると・・・行方不明になる事は必至!・・・ホース用のクリップでキャップにくっつけておく事をお奨めしま~す♪)
11160001_1.jpg
↑「ビックタンクマガジン」11月号とフリーペーパー的なバイク雑誌でおなじみの「ARJ」11月号です。「ARJ」のほうは早い者勝ちですのでお早めに「取りに」来て下さいネ♪
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。